スタッフMです。またまた雨です。

あはは・・・もう笑うしかないですね。なんて最強な雨女なんでしょう・・・

とにかく明日の子供の卒業式だけは晴れてほしい!!

こうなったら一緒に行く主人の晴れ男ぶりに期待します。明日は夫婦対決だっ!!

 

そんなこんなで暇なので、雨にまつわる話をしましょう。

私は2年前までシンガポールで暮らしていました。そこに8年。その前はジャカルタに4年。

なんとまぁ長いんでしょう・・

どちらの国も赤道直下で、毎日が30度。四季がなく一年中夏なので、私は通算48回分の夏を過ごしてきたことに

なります。(絶対寿命が短くなっているはず!)

そしてそこはほとんど毎日突然の雨と雷に襲われます。そう、スコールです!

雨・・・といっては失礼なほど土砂降りの雨で、バケツをひっくり返したような、とはまさにこの事!

真夏の青空が広がっていると思ったら、5分後には真っ黒な空と見たことのないような稲光が・・・

そこらじゅう雷が落ちまくっていました。

でも、楽しいのは、じょじょに降ってくる雨。向こう側から目に見えて順々に降ってくるのです。

ひどいときには、コンドミニアムのうちの塔は降っているけど、そっちの塔は降ってないとか、

もっとひどいときには、テニスコートのこっちは降ってないけど、相手のコートは雨、みたいな・・。

狭いシンガポールの中で毎日こんなことがおこるんです。毎日ですよ!毎日!

毎日すぎて、このときは私が雨女だった、ってことを忘れていたシンガポールの生活でした。

 

というわけで、暇な時には「海外生活バージョン」をお届けします。

おもしろいこといっぱいありますよ~~~。乞うご期待!!